投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011/01/21 (3517 ヒット)

JAそでうらのアスパラガスはすべてハウス栽培であり、ハウスには紫外線カットフィルムの導入が8割近く進んでおります。

この紫外線カットフィルムは、「害虫がハウスに入りづらく」、「葉に付く病害の斑点病が発生しにくい」という利点があり、これまでも薬剤散布を大幅に削減してきました。

JAそでうらアスパラガス部会では、さらに薬剤散布を低減するため、キャリア式の土壌殺菌アスパラ「マンモスバーナー」を導入し、1月14日の午後に「マンモスバーナー」の講習会を実施しました。



バーナーの強力な火炎で土の表面を焼き、害虫の卵や病害の休眠
中の胞子を死滅させ、さらなる薬剤散布の低減が期待できます。


バーナーで焼いた後、営農指導員がアスパラガスの根の糖度を測定しました。
その結果、ほぼ例年並の糖度があることがわかりました。

今年の春も、甘く、やわらかいアスパラガスを消費者の皆様にお届けできると思います。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010/11/23 (2018 ヒット)

JA産直いちば「あんべみれ」

2010年11月15日にネットショッピングサイト JA産直いちば「あんべみれ」がオープンいたしました!
JA庄内みどり とJAそでうら が自信を持って皆様に"旬"をお届けします。

"あんべみれ"とは・・・ 庄内の方言で「味見してみてっ!」という意味です。 庄内の食材をぜひお試しください!


JA産直いちば 「あんべみれ」http://ja-store.net/
今、"話題の商品"や、"幻の商品"も揃えます!庄内の「旬」を是非、"あんべみれ~♪"


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010/11/16 (1706 ヒット)

酒田市、JA庄内みどり、JAそでうらでは、行政と農業関係団体が連携し元気あふれる活気にみちた地域農業を目指す酒田農業元気協定を結び活動を行っています。

その一環として、去る11月8日から14日までを期間とし、都内丸の内の新丸ビル7階レストラン「MUSMUS(ムスムス)」で酒田フェアを開催いたしました。この期間は地域を代表する旬の食材をメインにしたメニューで酒田をPRします。





写真は初日のセレモニーの様子で、今が盛りの「さやいんげん」や「スナップエンドウ」、これから出荷が始まる「あさつき」などが紹介されました。当JAからは生産者4名がPRに参加しましたが、花のお江戸のど真ん中…緊張しないでなんてワケにはいきません。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010/09/02 (1735 ヒット)

旬の袖浦産農産物が当たる・・・
とれたて新鮮"そでうら"丸ごとプレゼントキャンペーン実施中です!

対象商品
[預入期間1年以上で新規契約の個人の定期預金]
[マイカーローン、墓石ローン、進学ローン、住宅ローン、リフォームローン]

応募要領
上記対象商品の金額に応じて応募券を進呈します。
(住宅・リフォームは200万円毎、新規定期貯金や各種ローンは20万円毎に一枚の応募券を進呈)
応募券に必要事項記入の上、本所および宮野浦支店備付の応募箱にご投函ください。

応募期間
平成22年8月23日(月)から平成22年12月30日(木)

応募締切
平成23年1月11日(火)

抽選
平成23年1月中旬予定。厳正なる抽選の上当選者を決定致します。
なお、当選者の発表は商品のお届けをもって代えさせていただきます。当選権利を他人へ譲渡したり金品に交換することはできません。

プレゼントキャンペーンの詳細


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010/07/20 (2310 ヒット)

第25回メロンピック酒田砂丘マラソン大会が、東北公益文化大学周辺を会場に、7月18日(日)に開催されました。

参加者は、全国より1,300名の方々が参加され、それぞれのコースに汗を流していました。走り終えた方々には地元袖浦地区で採れたメロンがプレゼントされていました。又、メロンの試食コーナーも走り終えたランナーの方々でごったがえしていました。

今回は、1997年のアテネ世界選手権トラック1万メートルで銅メダルを獲得した「チバちゃん」こと、「千葉真子」さんがゲストランナーとして参加。マラソン大会当時は、千葉さんの誕生日。多くの方々が祝福していました。






投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010/06/27 (2094 ヒット)

6月25日と26日に「生活協同組合コープしが」の理事のみなさまがいらっしゃいました。コープしが様とは3年前に産直指定産地の認定を受けまして、いろんな農産物を年間通じてお取引いただいております。

今回のご訪問は産地点検が目的です。お取引いただいている農産物の栽培・流通に関する書類がひとつひとつ点検確認されるものです。栽培面積や収穫期間はもちろん、肥料や農薬、資材や輸送に関する全ての項目が対象となりますので、当方は緊張の連続でした。
最後にコープしが理事の皆さんと当JA組合長との協議です。

「野菜・果物栽培に適した袖浦地域の気候風土とは?」「土づくり・肥料・農薬などでの特徴は?」「コープの産直を作るということの特別な思いは?」「生産者・JAとしてのこだわり、誇りに思うことは?」・・・熱い話し合いが続きました。

お取引が始まりまだ数年ですが、情報のやりとり・人の交流をベースとして、末永い取り組みができますよう努めさせていただきます。本当にありがとうございました。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010/06/12 (1813 ヒット)

酒田市、JA庄内みどり、JAそでうらがひとつとなり、酒田地域の農業振興を実践する酒田市農業元気協定のもとに、酒田いちご塾がスタートいたしました。

この塾は、山形県オリジナル夏秋いちご品種「サマーティアラ」の栽培技術の基本をマスターし、その産地化を目的とするものです。

栽培の基礎を座学で勉強するコースと、実際の栽培を圃場で学習するコースがあり、合計で16人、そのほとんどが次世代を担う若い方。

当日は開校式と業務向いちごの生産流通で活躍しているトーワ物産の高橋宗紀部長による講演、初回の講義が行われました。夏秋いちごは栽培が難しいこともあり参加者は全員真剣そのもの、意気込みがつたわってきました。




投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010/06/04 (2051 ヒット)

そでうら地区では、山形県庄内にある山形県産地研究室で開発・育種された「おとめ心」という品種のイチゴの栽培が盛んです。
この「おとめ心」は甘みと酸味のバランスや光沢がよく、特に日差しが十分になる最盛期の香りは他のいちごにはないと、とても好評です。

そこにオファーをいただき・・・セブンイレブン様の企画で「そでうら産のおとめ心」を材料にして「焼きたて直送便 山形県産いちごのちぎりパン」が山形県内のセブンイレブンで本日発売開始されます。

近所のセブンイレブン錦町店さんと宮野浦店さんの協力をいただき写真をとってみました。ご協力ありがとうございました。





食べてみるとジャムはもちろんパン自体もほんのりイチゴ色でした。

「ようこそ山形うまいものフェア」は6月20日まで18日間開催されます。

http://www.sej.co.jp/corp/news/2010/pdf/060201.pdf


« 1 ... 9 10 11 (12) 13 14 »

おすすめ